• ホーム
  • 布おむつカバーのお取り扱いについて(着用法・洗濯・修理)

布おむつカバーのお取り扱いについて(着用法・洗濯・修理)

日常における取り扱いのご注意(着用のしかた・お洗濯)

外ベルトタイプ:羽の角度を変えることで、足ぐりの長さを微調整できます。

サイドスナップ :両サイドのボタンを留めて足を通してから輪おむつの前後とカバーを持って持ち上げ、はかせるパンツとして。 (男の子は位置にご注意下さい)また、たっちし始めのお子さんには股にあてがってから両サイドを留めて着用することでおむつ交換が楽になります。

フリース製品 :純石鹸をこすりつけて洗うと撥水させることが出来ます。(通気性は損なわれません)
洗濯用の純石鹸を使用して洗濯機で洗うことも可能ですが、石鹸かすが残らないと撥水しませんのでご注意下さい。

お洗濯について:外ベルトタイプは他の衣類を傷めないよう、マジックテープを留めて洗濯してください。
フリース以外は一般的な合成洗剤を使用して、洗濯機で洗うことも出来ます。洗濯ネットの使用をお勧めいたします。

漬け置き洗いは布地を傷めますので極力お避け下さい。

水温は40℃まで、乾燥機の使用・塩素漂白はお避け下さい。

撥水透湿ニットの耐熱温度は100℃です。アイロンの際はご注意下さい。

ゴム部分にアイロンをかけることはお控えください。劣化します。

----------------

ご自宅でできる補修について

外ベルトの留める部分が弱くなった(すぐに外れるようになった)
→ハード面にごみが挟まっている場合は、楊枝等を使って取り除いてください。
→ソフト面(トイクロス)が毛羽立って劣化した場合、市販の面ファスナーのソフト面を上から縫い付けてお使いください。(四隅を丸くカットしておくと、万一肌に当たったときに怪我をしません)

足ぐりゴムが伸びた(長くしたい/短くしたい)
→当店では4コールゴム(ライクラ)を使用しています。
100円均一等のゴムではあっという間に伸びますので ご注意ください。
ゴムが入っている足ぐり部分の、ゴムどまりにごく近い部分を少し解き、ゴムをカットし、新しいゴムを入れたら両サイドをカバーに縫いとめ、解いた部分を縫い閉じます。

# ゴムは細かい縫い目で何重にも返し縫いをしています。
# 縫い目を解いての交換は非常に困難です。

ウエストゴムが伸びた(長くしたい/短くしたい)
→当店では2cm幅のパジャマゴム(伸縮率の非常に高いゴム)を使用しています。
修理方法はほぼ足ぐりゴムと同じ手順です。
ステッチ部分にボタンがかかっていますので、ゴムをすべて外すことはできません。

完成カバーサイズ別検索

外ベルトタイプ
新生児~80サイズ位
SS(50)
S(60)
M(70~80)

サイドスナップ パンツタイプ
ハイハイ以降
42/45(64~70)
(H40cm~45cm)

45/48(70~80)
(H43cm~48cm)

48/51(80~85)
(H46cm~51cm)

51/54(85~90)
(H49cm~54cm)

54/57(90~100)
(H52cm~57cm)

カートの中身

カートに商品は入っていません

ログイン・会員登録


ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ) HUG AND KISSはこちら

型紙・パターン   Shop-Bell  
ランキングに参加しています

ベビー用品・赤ちゃん
ベビー用品


当SHOPはリンクフリーです。


商品検索

営業日カレンダー


お振込み後4日以内に発送いたします。
(オーダーメイド品を除く)

お問い合わせフォーム

NEWS

PayPalについて

その他のオプション
ペイパルとは

PayPal決済は
商品代(送料含まず)
350円以上より承ります
PayPalメールは、
各携帯会社が発行する
メールアドレスを
ご利用いただけません
ので
ご注意ください。